現状打破や、さらなる成長のためには?

こんにちは、

マサ です。

先日、ビジネスコーチングとして、とある優秀な
ビジネスマンの方とお話しする機会がありました。

=====マサからの無料プレゼント=====
無料動画レクチャープレゼント登録は → コチラ
無料 瞑想音声プレゼント登録は → コチラ
======================

その方は現状でも、やり手の方でしたが、
向上心の在られるかたで、さらなるご自身の
方向性でいろいろと考えることがあられるようでした。

で、いろんなお話をさせていただき、気づきも
得ていただいたのですが、

ご自身の仕事のやり方で、もっと頑張る
には、時間が足らないし、体力的な面も
少しは気にかかるので、自分のやり方
に効率化が必要なのではないか、

と、ご自身でもお気づきでした。

で、ポイントは、

「人に頼む」「人にお願いする」

という面を、あまり意図的にできていない
ことにお気づきになられました。
(人にお願いすることのメリットは コチラ→「自分のキャリアを振り返ると2」

一般論化すると、現状打破 や さらなる成長を
企図するには、

いままで やったことないこと、に挑戦してみる必要があります。

それは、気づいていないだけで、気づきさえすれば、
できることかもしれません。

しかしながら、ご自身の観念において、そんなこと、
やってはいけない、やるべきでない、
という思い込みがあると、

それは、とてつもなく勇気のいることかもしれません。

その場合には、取り組むのが恐ろしいでしょうし、
時間もかかるかも知れませんね~
さらなる、コーチングが必要かもしません。

ちなみに、私は高所恐怖症なので、バンジージャンプなんて
一生やらなくていい、と思っている派です、、、、(笑

話を戻しますと、
私自身は、人に仕事をお願いしまくって、結果うまくいき、
収入も上がり、出世もした経験がありますが、

その時も、自分が楽したくて(笑)実行していましたので、
勇気とか、思い切り、とかはそれほど必要ではありませんでした。

しかしながら、
自分はずるしているのかな、
アリとキリギリスの キリギリスなのかな、

と 妙な 罪悪感は ここのどこかに在りました。

ここで、私の気づきは、

命令ではなくて、「お願い」することで、
やっていただいた方に、「感謝」出来る事に気づいたのです。

つまり、私が楽をするためにお願いしている、
と考えている部分を、

これをやってもらうと、とても助かる、
あなたなら、きっと僕より上手くできる、

と 「お願い」することで、
やってくださったかたに、
「ありがとう、助かったよ」と

「感謝」ができる、機会を差し上げている

事に気が付いたのです。

詭弁のように聞こえますか?

でも、私はそう思いません。

感謝される方は、通常、やって当たり前、
と思って仕事をしているよりも、

嬉しいですし、

また、何かあったらどうぞ、

という風に 展開することがほとんどです。

仕事を頼まれる方からすると、
それをこなすことで、経験になったり、
成長につながったり、
何しろ、感謝される、という
モチベーション あげあげ
の体験ができるんです

この 「お願い」→「感謝」パターンは、

直属の部下はもちろん、

お願いですので、
他部署の方、や 上司、先輩でさえも
活用できます。

もっと応用編で行くと、
顧客の方にも適応できます。

心から、感謝することで、
あなたと一緒に仕事をしたくなる人々が

増えていきます。

こんな、素晴らしい方法がありますでしょうか?!

あなたも助かる、みんなも喜ぶ、

そして、あなたはもっとやりやすくなり、
味方も増える。

これが自然に、上手にできるようになれば、
苦労なく、成果はもっと上がるようになります。

上司としても、慕われます。

最悪は、やって当然、やれなかったらドやり散らす、
で、これでは成果も上がりませんし、
部下も委縮するでしょうし、
味方は減りますし、

組織成果の負のスパイラルです。

ですから、罪悪感なく、世のため、人のため、
自分のため(笑

上手に、仕事を「お願い」して、
たっぷり「感謝」しましょうね~

=====マサからの無料プレゼント=====
無料動画レクチャープレゼント登録は → コチラ
無料 瞑想音声プレゼント登録は → コチラ
======================

関連記事

  1. やってみたいんだよね~? 誰が止めてんの??

  2. 争い、競い合い 

  3. 受け取り下手は、差し上げ下手

  4. やること、手に入れる事、在り方

  5. あなたの人生が変わる! 無料動画レクチャープレゼントーーーご説明

  6. 長崎・武雄に行ってきました! 旅行記

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA