What a wonderful world—この素晴らしき世界

こんにちは、 マサ です。

今日は、

「What a wonderful world――――この素晴らしき世界」
について、お話しますね~

ランキングに参加しています
上位にあがりたいので、
ポチッ とお願いします~
成功哲学ランキング
=====マサからの無料プレゼント=====
無料動画レクチャープレゼント登録は → コチラ
無料 瞑想音声プレゼント登録は → コチラ
======================

マサは、自己実現の公式、としてしたの図のようなことをお伝えしています

自己実現には、いつも「心の在り方」が
大切です、とお伝えしています。

どんな見方をしているかで、どんな人生、どんな世の中に暮らすかが
変わってしまうんです。 つまり、あなたの人生が変わります。

先日、Inside out (→ Inside out—–自分が変われば、見える世の中が変わる
という 投稿をしました。

また、人間の認識のメカニズムに関連する お話で、
「見方が変わると、住む世界が変わる」というお話も投稿しました。

どのように、世界を見ているか、という話です。

今回は この実例のお話です。

1994、5年の頃です。
この頃は、ニューヨークのイーストハーレム
と言われる地域は、今では考えられないくらい
治安が悪かったんです。

通りで、強盗が拳銃で撃ち殺して、
ポケットから20ドルとったとか、、、、

「金をだせ」 って いう前に殺しちゃって、
結果、あるだけのお金を取る、という トンデモ強盗ですよね。

その後、ジュリアーニ市長さんが
徹底的に治安改善して、それほど危険なところでは
無くなったんですけどね、、、

で、実は私は家族で留学する候補の学校を下見するために
行ったんです。

昼間の2時 3時でした。

日本の航空会社のガイドブックに詳しい地図があったので、
それを握りしめて、NYの地下鉄に乗ったんです。

ところが、当時 危険地域だったせいからか、
地下鉄の駅の詳細の部分が載ってなかったんです。

焦って、地下鉄に乗ってる人に、
「コロンビア大学に行きたいんだけど、〇〇駅で降りればいいよね?」

と、聞いたら、
「いいけど、その駅でおりて 教会の高い塔が見えるから、
そっちに向かって、まっすぐ歩きなさい。
街角で、立ち止まって、地図なんか広げちゃだめだよ、
よそ者だって 言ってるようなもんだからね」

と 言われました。

こんな、明るい 昼間に、そんなに警戒しなきゃいけないのか!

と ビビりました。

駅で降りて、大学構内の教会が先に見えたので、
教えられた通り、そちらに向かって歩きました。

歩道には、割れた空のビール瓶や、
ハトの死骸など が 散乱していました。

これが、 これが、 いわゆる、ハーレムか、、、、、

緊張 と 警戒心 が ますます 湧き起こります

 

でも、空は晴天なんです。

こんな感じで、晴れ、快晴

(注: 写真はセントラルパーク周辺で、ハーレムではありません)

 

私は人種差別者ではありませんが、お世辞にも
そんな昼間に、カタギでないような方々が
うろついておられます。(確か平日だった、、、)

そんな中に、黄色人種の私が一人でテクテク歩いていて、
浮きまくってるわけです。

で、道すがら、両足が切断されておられる
(戦争での結果か、病かはわかりませんが、)
黒人の方がおられました。

天気がいいので、外に居る、といった感じでした、、、

ちょっと、ボロを着ていて、しかも 車いすではなく、
小さな、コロのような車輪がついた、板に座って、
手で道路を押して、動いていらっしゃいました。

遠目からも、ちょっと警戒して、歩いて行ったんですが、

近づくと、その人、 いい天気の空を眺めながら、
ルイ・アームストロングの
“What a wonderful world” を 口笛で吹いているんです。

私にとっては、警戒心を持ちつつ、ビビりつつ
歩いていた、街で、

この人 なんだろう、
ホーム〇ス(家なき人の意) かな、なんて

私にとっては、豊かな人 とは とても思えなかった
その人が、

気分良く、「この素晴らしき世界」 を 口笛吹いているんです

以下に、歌詞を載せておきますね

I see trees of green, red roses too
緑豊かな木々と美しい赤色のバラ

I see them bloom for me and you
それらは 私と君の為に 咲いているように思える

And I think to myself
そして 心の中で思うんだよ

what a wonderful world.
なんて素晴らしい世界なんだろうって

I see skies of blue and clouds of white
どこまでも続く青い空と白い雲

The bright blessed day, the dark sacred night
明るく祝福された昼間 暗く神聖な夜

And I think to myself
そして 心の中で思うんだよ

what a wonderful world.
なんて素晴らしい世界なんだろうって

 

The colors of the rainbow so pretty in the sky
空に とてもきれいな虹が架かる

Are also on the faces of people going by
行き交う人々の顔にもね

I see friends shaking hands saying how do you do
友人たちが「元気か?」って握手をするんだ

But they’re really saying I love you.
でも 彼らは本当は「愛してる」って伝えてる

I hear baby’s crying and I watched them grow
赤ん坊たちが元気に泣いている 彼らが成長するのを見守るんだ

They’ll learn much more than I’ll ever know
彼らは 私よりもずっと多くのことを学ぶだろう

And I think to myself
そして 心の中で思うんだよ

What a wonderful world.
なんて素晴らしい世界なんだろうって

Yes, I think to myself what a wonderful world.
そう 心の中で思うんだよ

What a wonderful world.
なんて素晴らしい世界なんだろうって

 

私は、恐怖と 緊張の中にいたはずなのに、

感動してしまいました

今でも、この歌は大好きで、常にi podに入っています。

私から見たら、幸せ とか、 豊か だとか
縁遠いように、見えている、 その人、、、、

でも それは、私の 見方 であって、

その人の心は、豊かで、幸せだったのかもしれません

 

この歌は、そんな 世界の見方を 教えてくれています。

空が青くって、雲があって、木が生えてて、
それだけでも、この世界は素晴らしい、って 思うんだよ

あなたは、どんな 世界を 見ていますか?

幸せで、豊かな マサのコーチングは、
(コチラ → コーチング

 

アランコーエンさんとの対談動画をプレゼントしてます ↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の師匠の アラン・コーエンと 彼の住む、ハワイ島で 対談しました!

動画は無料で配信しますので、

以下の申し込みフォームに登録してくださいね!

登録は →コチラ (上の動画はショート・バージョンです。)

つい頑張りすぎてしまう人、

ラクして幸せになることに罪悪感を感じる人、

他人や組織に不満を感じている人、必見!

アランの住むハワイ島から特別対談動画を無料でお届けします。

「頑張るのをやめると、豊かさはやってくる」とは?

「あなたの内側が変わると、外側も変わる」とは?

答えはコチラから↓↓
http://form.os7.biz/f/261a3e1e/

日本の方々に向けて、

「リラックスすると、幸せに成功する」、

「あなたの内側を変えることで、世界が変わる」

といった、メッセージが込められています。

動画は無料で配信しますので、
以下の申し込みフォームに登録してくださいね!

登録は →コチラ

ランキングに参加しています
上位にあがりたいので、 ポチッ とお願いします~

成功哲学ランキング
=====マサからの無料プレゼント=====
無料動画レクチャープレゼント登録は → コチラ
無料 瞑想音声プレゼント登録は → コチラ
======================

 

関連記事

  1. 表も裏もある その2

  2. 感謝のパワー

  3. 手放す、ということ

  4. 幸せ感度の高め方

  5. 運を高める習慣

  6. 肩の力を抜こう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA