「自分で選んだ」ーーーマトリックスから

こんにちは、 マサ です。

今日は、「『自分で選んだ』ーーーマトリックスから」
についてお話しますね~

皆さんは、映画「マトリックス」ってご存知ですか?

キアヌ・リーブス主演で、とても有名で大ヒット
した映画です。

三部作で完結しているのですが、簡単な
セッティングは、

人間たちは、普通に生活しているつもりでも、
実は 実態は機械に支配されている世の中になっており、
人間が 『現実世界』 と思っている世界は
機械たちのプログラムによる、マトリックス
という幻想を見せられている、というお話です。

このセッティングだけでも、認知科学的には
とても意味深い、素晴らしい作品なんです。

 

その中で、どうやら真の自分は今暮らしている
状況ではないところにある、
と 気づいた人々は 目覚め、機械に支配されている
世界から、自分たち 人間らしい 生き方を取り戻そうと
戦う道を選ぶのです。

 

その主人公が ネオ という名で、キアヌ・リーブスが
演じているんですね。

 

で、三部作の最終作である、
「マトリックス・レボリューションズ」が先日TVで
放映されてたんです。

 

その中で、機械が創造しているマトリックの世界で
ネオたちに対抗する エージェント スミスという

マトリックス内の機械側のスパイ兼、警察兼、
対人間用兵隊 と ネオが戦うわけです。(いつもですが、、、)

 

そこで、戦いながら、哲学的な 言い合いをします。

機械の世界で、プログラムとして作られている、
エージェント・スミスは、ネオに聞きます。

「何のために、命をかけて 戦うのだ?!」
「愛のためか?」
「愛など、マトリックスと同じく、存在しない幻想だと気づいているだろう?」

そういった、質問を続けるのです。

「お前たちは、死ぬために生きている。 なぜ、なんのために戦うのだ?!」
と。

ネオ は 一言 答えます。

「自分で選んだからだ」

と。

 

戦うことが素晴らしいと言っているのではないのですが、

機械が作った 世界で 平々凡々と 生きるのではなく、
自分で本来の 自分として生きることを選んだ。

という意味合いと、愛のために戦うことを 選んだ、
という意味ではないか、と勝手に思っています。

 

これは、マサ的には、生き方の核心をついているなぁ~

と 思っていまして、

親や 社会、 上司、 などの意図に従うのではなく、
自分自身 何のために 生きているのか、
何のために 生きていくのか?

という 問い に答えていく。

答えようと、していく。

その中で、何かを選択していく。

自分で。

そして 私は 恐れや 不安からではなく、

 ある方を選択していく。

と 常に思っていますので、とても感慨深い
シーンだったんです。

 

自分の人生ですから、主体的に 自ら選んでいくことで

その人生の主人公であり、人生という小説の
作者にもなれるのではないか、と 思うのです。

 

マサは、

自己実現の公式、としてしたの図のようなことをお伝えしています

自己実現を達成するには、「心の在り方」や
「やり方・行動」を 考えよう、変えてみよう、
とお伝えしています。

自分の人生を 自分の選択、意志で選んでいく、
という「心の在り方」は、ご自身の自己実現の
核になるのではないでしょうか?

 

私は、コーチとして、皆さんの人生における、可能性、
選択肢を広げるお手伝いをいたします。

でも、選ぶのは、そして行動するのは、あなた自身なんです!

あなたもマサのコーチングを受けて、人生を好転してみませんか?
コチラ → コーチング

 

ランキングに参加しています
上位にあがりたいので、 ポチッ とお願いします~

成功哲学ランキング
=====マサからの無料プレゼント=====
無料動画レクチャープレゼント登録は → コチラ
無料 瞑想音声プレゼント登録は → コチラ
======================

 

関連記事

  1. コーチングとは?

  2. 過ぎたるは、、、、

  3. 押してもだめなら、〇〇てみな

  4. 人生のルールは自分で設定できる②

  5. 瞑想を生活に取り入れよう!

  6. いつもと違うパターンを楽しむ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA