経験するために生きている??

こんにちは、マサです。

今日は、「経験するために生きている??」についてお話しますね~

 

先週より、アメリカのアランコーエン認定のライフコーチが来日しています。

アラン自身は、滞在中 日本人向けのセミナーなどもあり、
アメリカ人コーチたちは自由時間も数日あったりするんです。

そこで、土曜日に 希望者を引き連れて
浅草寺や デパート COREDO室町など
の観光・ショッピング案内にお連れしました。

 

その団体行動も、大変ながらも
楽しんでいただいたのですが、

中には、原宿に行ってみたい、
新宿に行ってみたい、

と ご自身で希望がある人たちもいました。

 

浅草寺の観光が終わったところで、
ショッピングよりも、大都会も見てみたい、

と 途中で方針を変更するカップルがいらっしゃいました。

 

なので、「途中で地下鉄を乗り継いで、新宿に行く」

ということで、どの駅で何に乗り換えるかを
教えてあげました。

 

そして、正直に、

「新宿駅はとても大きな駅で、
もう街みたいなもんだから、
自分がどこにいるかわからなくなるかも知れない。

きっとあなたは迷子になると思う。

でも、その冒険を楽しんで、最悪
タクシーでホテルに戻っておいで

 

と 伝えました。

そしたら、その男性(クリス)は

眼をキラキラさせて、

「そういうAdventure が体験したいんだ!
言葉も通じなくって、さ迷い歩いて自分で
道を見つける機会なんて、そんなにないからね」

と 言うんです。

 

私も 嬉しくって、

「迷子になって、冒険しておいで!」

と 言って別れました。

 

よく考えると、これって ある意味
人生の縮図かも知れないな、、、

と 感じました。

 

普段は気づきにくいですが、人生なんて、
節々では、行ったことないところ、
あったことない人たちと出会いながら
進んでいくんですよね。

 

ずーーっと、いつも同じ人たちと
同じところで同じことをしてるわけじゃありません。

 

多くの人は 子供の頃は、両親と
自宅で暮らしていたでしょうけれども、
それでも 保育園、幼稚園、小学校と
新たな場所、新たな出会い、が
定期的に数年おきには確実に起きていたはずです。

 

あなたの人生ドラマの出演者は、
固定されているわけではありません。

いわば、「サザエさん」のような
人生はないわけですね。

 

必ず、新しい出演者があって、
行ったことないところに行ってみたり、
住んでみたり、引っ越したり、、、、

 

その観点からすると、
我々は そんな想定外、予定外、
計画外の出来事を経験するために
生きているとも言えます。

 

それを不安に思うのか、
面倒くさいと感じるのか、
嫌だと思うのか、

人それぞれあるとは思いますが、

そんな 未確認の冒険を
クリスのように楽しめたら、

人生はより 面白く、
楽しく、充実したものになるんじゃないでしょうか?

 

あなたには、どんな経験、体験がまっているんでしょうね?

 

あなたも、ご自身の捉え方を見直して、
人生を好転してみませんか?(笑)
コチラ → コーチング

 

🔶 ≪先着 5名様 限定!≫🔶

あの、世界的ベストセラー作家で、メンターのメンターと言われる
アラン・コーエンも推薦する
ライフコーチ【松下マサ】 の
『幸せの法則』 お話会&グループセッション開催!
ーーーーーーーーーーーーーー
あなたは最高に幸せな人生を送っていますか?

「幸せとは、外に求めるものではなく、心の内側に見つけるもの、、、」
と マサは言います。

その考え方を学び、ご希望者のご相談にマサが直接のる、
【お話会&グループセッション】です。

<日時>2018年5月3日(木)13:30~15:30
<場所>東京都 新宿駅近く (申込者に詳細をご連絡いたします)
<参加費>おひとり様 5,000円
お申し込みは、こちらから→ https://form.os7.biz/f/ea2d0d92/

 

ランキングに参加しています
上位にあがりたいので、 ポチッ とお願いします~

成功哲学ランキング
=====マサからの無料プレゼント=====
無料動画レクチャープレゼント登録は → コチラ
無料 瞑想音声プレゼント登録は → コチラ
======================

 

 

関連記事

  1. ☆不安の正体ーーーほとんどの事は大丈夫

  2. 過去も変えられる?

  3. 何かに守られている体験ーーー怪談ではないよ~

  4. 制限をかけるセルフイメージ

  5. あなたの人生の達人になる

  6. 海外経験ゼロからTOEFL過去最高点をとるまで、、、潜在意識活用法➂

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA